PM2.5用マスク

中国の北京市はじめとした中国の大都市を中心に深刻な健康被害をもたらしているPM2.5が遂に日本でも福岡をはじめとした地点で確認されています。

PM2.5とは、大機中に浮遊する微小粒子状物質の事で、燃焼によるばいじん等によって生じるとされ、大気汚染物質の一つとされています。

PMは粒子状物質(Particulate Matter)を表し、一般的にメイクロメートル単位の固体や液体の微粒子の事で、PM2.5は粒子径が概ね2.5μm以下のものとされ微小粒子状物質の中でもかなり細かく健康への悪影響も大きいと考えられています。

肺がんや喘息を引き起こす有害物質が多く含まれており、中国国内でも多くの患者が発生するなど問題が日々深刻になっています。

PM2.5の吸入防止には、マスクの着用が有効とされていますが、通常のサージカルマスクや花粉症用のマスクではなく『N95』規格のマスクの着用が推奨されています。

花粉症用などの一般的なマスクは、花粉の大きさとなる数十μmの物を濾過する目的のフィルターを備え、PM2.5の2.5μm以下の粒子はフィルターの目より細かくマスクの性能としては役不足なのです。

N95規格のマスクと言うのは、米国労働安全衛生研究所(NIOSH)が定めたN95規格をクリアしたマスクです。

N95というのは、耐油性が無く0.1~0.3μmの微粒子を95%以上除去できる性能を持っているマスクの事です。

0.1~0.3μmの微粒子を95%以上除去できるため2.5μm以下のPM2.5の除去にも非常に効果が期待できるためPM2.5対策に使用するマスクは『N95』規格のマスクの使用が推奨されています。

N95規格のマスクは、インターネット通販等で購入する事ができます。

N95 マスク』を探す。